不純物:ハナ戦攻略 #Library_of_Ruina

不純物:ハナ戦攻略 #Library_of_Ruina

編成

ビナー

「解禁」は完全に無意味だったので熱血を採用するとよい。
グローリアの「熟閑」があると、0コスト攻撃を持たないビナーを動かしやすくなる。
テンマの「呼吸」も同じ理屈で採用。基本的に劣化した妖精を絡めて行動したいが、できない時の保険

ニコライ

メインは始末。

マキシマム処分。充電系の弱点である継戦火力の不足は「意志の剣」で補う。
いけると思ったタイミングで処分を使う。効率よく戦っていると不要になる場面も多い(本攻略では使用機会無し)が、お守りとして入れておく。

紫の涙

最強腕前連続切断。鉈裂きは趣味。初手体制変更→複製を使い、次幕から連続切断で仕掛けていく。剣体制のダメージ1.5倍は非常に優秀。

シャオ

火傷特化。押し寄せる愛は2幕目に撃てるという一点で非常に優秀。
出し惜しみはせず、早い段階で使うと相手の精神が削れ、最終的にこちら側の損耗を抑えられる。

,D@;Q7Y

ねじれた剣による広域攻撃補佐。一応、指令は毎幕確認しておこう。
紫の涙につけておけば大体なんとかなる。

攻略:第1舞台

ハナ3課フィクサー HP105 精神60
斬撃 普通/普通
貫通 抵抗/普通
打撃 普通/抵抗
「四卦」により毎幕自身にバフを付与をしてくる。

基本方針としては、集中攻撃による頭数優位を獲得すること。
「空の槍」等マッチ勝利が望めない場合、敢てマッチを捨てて集中攻撃をする

崩壊ページが出た場合、ねじれたやんに付けてあげよう。
「押し寄せる炎-愛」や「劣化した衝撃波」で2幕目から削りに行くと損害を抑えられる。基本的に困った場合は最強腕前連続切断で相手をすればよい。
こちらが集中攻撃されていないかだけは要チェック。

第2舞台

「ミリネ」「ハロルド」にハナ3課フィクサーが3体。
ミリネ、ハロルドのマッチ対処をしつつ、取り巻きを倒す動き方をする。


ちなみに、紫の涙とねじれたヤンの「指令Ⅳ」はとても相性がいい。
体制変更で使った光を即時回収できる。

困った時は広域攻撃、困る前に広域攻撃、楽勝な時も念のため広域攻撃。

感情上げは後からじっくりできる。

ちなみにこの状態のハロルドはどうしようもないので終わり。

ミリネ、ハロルドを2冊ずつゲット。

攻略の要点

・R社やリウ1課のように、まずは相手の数を減らすことが最優先。
・最強腕前の紫の涙に被弾がいかないようにコントロール
紫の涙は他の仲間を庇う役目も担う。
・広域攻撃は使える時に使う。相手のダイスを潰せる他、トータルダメージで見てもお得。
・相手が混乱しかけている場合、ビナーで先手を取る(マッチは他に任せる)ことで混乱させる事ができる。


質問や疑問点、状況による解説が欲しい場合は
https://twitter.com/maimai_mai3
に連絡を頂ければお答えできる事が多いかなと思います。その他質問等も受け付けておりますよー!

不純物カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。