社会科学の階:帰り道と臆病な猫」攻略

社会科学の階:帰り道と臆病な猫」攻略

 社会科学の階(ケセドチーム)3体目の幻想体、「帰り道と臆病な猫」である
 前作「Lobotomy Corporation」プレイヤーには見覚えがないかもしれないが、それもそのはず。この2体の幻想体は公式外伝漫画「ワンダーラボ」に登場した幻想体だ。
 これまでなら前作での経験を活かし攻略に役立てることができたが、今回はそうはいかず、更に独特なギミックに面食らったプレイヤーも多いだろう。
 しかし、ギミックを理解してしまえば意外と簡単に攻略できる。今回は正攻法での攻略法を紹介するので、ぜひ参考にしていただきたい。



 

編成

 以下の点について気を付ければどんなコア、スキル、デッキでも構わない

・帰り道対策に1ダイス目の最低値が4以上のページを多く入れる
 →「あなたの盾」「液化肉体」「獅子の拳」「人形の骨」などの威力増加スキルを用いて底上げするといい
クイックや束縛を付与できるページをいれておく(なくてもよい)
 →偶数幕における臆病な猫の攻撃に対処するため
・防御に偏らせ過ぎない
 →帰り道が混乱した時に削り切るだけの火力が必要

ロウェル(対帰り道特化編成)


 必須スキルは「液化肉体」「あなたの盾」
 開いた枠は自由。今回は「指令通覧」で手札を確保。循環転換とハイランダー化により手札と光を潤沢に使える。
 守備ダイス威力強化により「エネルギー循環」「エネルギー転換」以外のすべてのページで最低値4以上を確保できる
 帰り道混乱時は2コス以上とエネルギー転換が火力源になる

エマ(対帰り道特化編成)


必須スキルは「液化肉体」「人形の骨」
 開いた枠は自由。今回は「臨戦」で手札を確保。
 デッキはロウェルと同様。スキルに応じて自由に組み替えられる。 
 ただし、「エネルギー転換」と「3コスの3枚」でしか最低値4を確保できていない。出目が悪いと3以下の出目になるため注意する必要がある。
 打撃系のページを入れて打撃に偏らせれば「液化肉体」はいらない
 帰り道混乱時は「自動移動」か「抑圧された肉体」がオススメ

 要するに上記のような編成ができればいい。好きなコア、デッキで挑めるためデッキ構築の難易度は低いといえる。

攻略の流れ

 それではさっそく攻略していこう。まずは今回相手する2体の幻想体を紹介する。

臆病な猫


 体力200 混乱抵抗値100
 全耐性が免疫のため、最初は一切攻撃が通らない。

スキル
勇気:帰り道が死亡するまで全耐性が免疫になる。
臆病者:帰り道が死亡すると全耐性が脆弱になる。さらに速度ダイスの値が変化し、使用するバトルページも変化する。

 この戦闘におけるアタッカー。これ以外にも特殊なバフやバトルページを使用して司書を殺しに来る。しかしスキルの関係で最初は撃破できないためひたすら耐える必要がある。

帰り道



 体力185 混乱抵抗値150
 斬撃 耐性/耐性
 貫通 耐性/耐性
 打撃 耐性/耐性

スキル
帰り道:わかり辛い効果のため後述
この…魔法使いめ…!:こちらもわかり辛い効果のため後述

 この戦闘におけるメインギミックの持ち主。2幕かけて「家」に帰ろうとする。彼女に帰宅されると自動的に敗北となるため、彼女の帰宅を阻止するのがこの戦闘のコツとなる。

奇数幕(1,3,5幕目)

 この戦闘は奇数幕と偶数幕でプレイヤーが行うべき行動が異なる。
 まずは奇数幕から見ていこう。

 まず、帰り道が広域攻撃「一緒に行こう…」を打ち込んでくる。この「一緒に行こう…」は実質、次の幕に向けたターゲットとなり、2名の司書(と家)が狙われる。広域攻撃のため、こちらが狙われている司書を変更することはできない。
 なお、残りの速度ダイス2つはただの回避ページなので気にしなくてよい。
 ちなみに司書たちの後方に「家」が見えるが、あれが帰り道の帰宅先である。絶対に返してはならない。敗北になってしまう。

 臆病な猫は下記のような似た性能のバトルページ(全4種)を使用してランダムな司書を攻撃してくる。奇数幕の獅子は速度ダイスが1固定な上、使用するページもそこまで強くないため、こちらも任意のバトルページで受けよう。2コス以上やエネルギーシールドで受けるのがおすすめだ。


 ただし、臆病な猫は奇数幕に「今回の幕、帰り道が攻撃を受けるたびにパワーを得る」という特殊バフ、「勇気」を持っている。

 このバフの影響で、もしも帰り道に攻撃を仕掛けた場合、的中しようがしまいが臆病な猫にパワーが付与される。
 私は当初遠距離編成で挑戦し、帰り道に8枚の発射を打ち込んで24回着弾させ、パワー24の臆病な猫に粉砕された。絶対にまねしてはいけない。

 上記を踏まえ、奇数幕におけるオススメの動き方は以下のとおりである。
帰り道の「一緒に行こう…」に狙われている司書は、ターゲットされている速度ダイスを用いて臆病な猫とマッチする。使用するページは自由だが、「一緒に行こう…」を受けるのに使え、マッチ勝ちできるであろう3コスのページがオススメ
・帰り道に狙われていない司書も、臆病な猫とマッチする。こちらはクイック付与されるページがオススメ
・それぞれの司書は速度ダイスが1つ余っているはずなので、光が欲しい場合はエネルギー循環やギギギッなどの光回復ページを用いよう。1幕目は感情レベルが上がる可能性が高いため、使わなくてもよい。速度ダイスがもったいないと思わず、臆病な猫の攻撃を凌ぐことだけを考えよう

偶数幕(2,4,6幕目)

 偶数幕は下手すると強制敗北になるため、気を付けて動きを見ていこう。
 先ほど「一緒に行こう…」で狙われた司書には特殊バフ「レンガの道」が付与される。このバフが付与された2名の司書は帰り道と臆病な猫のターゲットとなり、残り2名の司書は一切狙われない。

 また、帰り道は「レンガの道」を持つ司書に対して以下の「みんな!家に帰ろう~!」(以下、帰宅)で帰宅を促してくる。

 このページが狙われているどちらかの司書に的中してしまうと、帰り道の「家」への帰宅を許してしまい、同時に戦闘敗北となってしまう。初見時はよくこの効果の意味が分からず、帰宅させてしまって強制敗北となってしまったプレイヤーも多いのではないか。私ももちろん帰宅された。

 すなわち、「レンガの道」を持つ司書2人はこの帰宅に対してマッチを仕掛けて確実に勝利し、帰り道の帰宅を阻止しなければならない。
 そのために1ダイス目の最低値が4以上のページを積む必要があったんですね。安心して確実に帰宅を阻止するためには最低値4が必須である。
 なお、奇数幕のうちに狙われている司書にパワーや忍耐、帰り道に麻痺や武装解除を付与しておくという方法もあるので、臆病な猫の「勇気」に気を付けつつ挑戦してみてもいいかもしれない。

 また、「レンガの道」を持つ司書へ臆病な猫が攻撃するとき、威力+5となる。このため絶対に「レンガの道」を持つ司書に対して、臆病な猫に攻撃させてはいけない。

 なお、この幕では臆病な獅子の速度ダイスは最大4となるため、マッチが取りづらい。だから前の幕で狙われていない司書はクイックを付与しておく必要があったんですね。
 上の画像ではケセドと右上の司書が狙われているが、狙われていない2名の司書が臆病な猫より高い速度を持っているため、全ての攻撃を引き受けることができる。クイックなしでも速度ダイスの値によっては引き受けることはできるが、クイックありの方が安定しやすいため採用した。もちろん臆病な猫に束縛を付与する方法もありだ。
 なお、使用するバトルページは奇数幕と同様だが、威力+5は尋常じゃないため絶対にマッチしてはいけない。

 上記を踏まえ、奇数幕におけるオススメの動き方は以下のとおりである。
帰り道の「みんな!家に帰ろう~!」に狙われている司書は、ターゲットされている速度ダイスを用いて臆病な猫とマッチする。使用するページは1ダイス目がスキル、バフ込みで最低値4以上のページにしよう。さもなくば事故で強制敗北になる。ターゲットされてない速度ダイスについては光回復ページあたりを帰り道にぶつけよう。この幕は臆病な猫に「勇気」がないためパワーは心配ない。
・帰り道に狙われていない司書は、「レンガの道」を持っている司書を臆病な獅子から守ろう。

  無事帰り道の帰宅阻止が成功すれば、帰り道が持つ「帰れない家」のカウンターが1増える。最初の6幕は上記の動きを繰り返し、計3回帰宅阻止することが第一目標となる。

7幕目(対広域攻撃)

 無事3回帰宅阻止することで、帰り道の広域攻撃が強化される。

 「この…魔法使いめ!」は全ての司書を狙う12固定打撃の合算広域となる。この攻撃を全ての司書が迎撃することができれば、次の幕に帰り道が混乱する絶好の攻撃チャンスが訪れる。
 しかし、もしもこの攻撃が1人でも的中してしまった場合、「帰れない家」のカウンターがリセットされ1幕目からの流れを改めてやり直すことになる。そうなると非常に面倒なので確実に受けられる3コス以上のページを使用することをオススメする。
 また、臆病な猫は奇数幕のように速度1で4回攻撃してくるため、広域攻撃で狙われている速度ダイスを用いて臆病な猫とマッチしよう。
 速度ダイスが各司書1個ずつ余るはずなので、次の幕に向けて光回復やドロー効果を持つページを使っておこう。この幕は臆病な猫に「勇気」が付与されているため、帰り道を攻撃したい場合は注意が必要だ。

8幕目(帰り道混乱→撃破)

 無事7幕目で広域攻撃を凌ぐことができた場合、帰り道がこの幕で混乱する。一斉攻撃のチャンスなので、3コスなどの強力なページを用いて帰り道を確実に撃破しよう。

 ただし、臆病な猫が「警戒」という強力な遠距離ページを2回用いてくる。
 的中時脆弱付与効果もあるため、混乱させられた後そのまま撃破されてしまう可能性も高い。3コスを中心とした強力なページで迎撃しよう。「警戒」を凌いだとしても速度ダイス6つ分あるため、帰り道を撃破することは容易のはずだ。

9幕目(臆病な猫撃破)

 帰り道がいなくなると、臆病な猫が本性を現す。というかびっくりするほど弱体化してしまう。

 全耐性脆弱、HP20、使用するページも非常に弱いページのみなので適当に攻撃してれば確実に勝利できる。ここまできたら勝ったも同然なのでPキーを押してオート攻撃してもいいだろう。(ちなみにこの段階でも「家」が残っており一応ターゲット可能だが、全耐性免疫なので殴っても問題ない)

 ギミックも難解でクリアするまで時間がかかるが、このようにギミックをかみ砕くことでクリア可能となる。
 ちなみに途中で選択する幻想体ページについて一切解説しなかったが、好みのページを使用して構わない。ただし、食い取られた知恵を使うと必要なページが使えなくなる可能性もあるため注意が必要だ。

 正攻法以外にも、帰り道に出血ややけどなどのデバフを付与してスリップダメージで削り切る、煙を付与して殴り倒すなどの方法もある。編成の幅も比較的広いため、帰宅されないことだけ考えればネタデッキでの攻略も可能であろう。
 ただし、終止符パッシブや遠距離での帰り道速攻は不可能に近いので試すだけにした方がいい。臆病な猫によってひき殺されるのがオチであろう。

幻想体戦攻略カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。